水産会社での短期バイト体験談

TOPページ > 短期バイト体験談 > 水産会社での短期バイト体験談

年末にスーパーの鮮魚コーナーで短期バイト

短期バイトには本当に多くの職種があります。

今までに短期バイトを経験した方の中には年末にスーパーの鮮魚コーナーで短期バイトを経験した方もいるようです。

ここではスーパーの短期バイトの経験がある方の体験談をご紹介しています。

現在、短期バイトをお考えの方に参考にして頂ければと思います。

鮮魚コーナーは大晦日が最も忙しい時

私は高校3年生の冬休みに水産会社で短期バイトをしました。

短期バイトをした水産会社は地元の有名スーパーの鮮魚部門、惣菜部門、寿司部門を担当している大規模な水産会社でした。

私は惣菜部門希望だったのですが配属されたのが鮮魚部門でした。

バイトをしたのが年末の29日、30日、31日の3日間でした。

その水産会社は年末に1年で1番忙しい繁忙期を迎えるらしく毎年年末に短期バイトを募集しているらしいです。

最初の2日間は朝の9時から夕方の6時まで、休憩を1時間入れた実働8時間でした。

バイト内容はラップ張りや商品の陳列などの簡単な作業でした。

しかし、最終日は朝の5時出勤。社員の方は前の日から泊まり込みで仕事をしていたみたいです。

終了時刻はスーパーの営業時間が終わる夕方の6時まででした。

仕事内容も最初の2日間とは全く違い、海老の殻むきや刺身のツマを作ったり今までにやった事のない仕事ばかりでした。

1番辛かったことは寒かった事

そして、この3日間でなにが1番辛かったのかというと寒い事でした。

やはり鮮魚を扱っているだけあって仕事場もものすごく寒く、水を多く使う仕事なので手もかじかんで非常に大変な思いをしました。

何枚も服を着込みバイトをした記憶があります。

他にもお客様と接する事が大変でした。

商品の陳列をしている時にどうしてもお客様に声をかけられることが多く、その度に社員さんに確認していました。

しかし、今考えればすごい貴重な経験ができたと思っています。

最後は売れ残っった?大きな伊勢海老をもらう事ができ、大晦日の夜は家族で伊勢海老を食べた思い出があります。

忙しいせいで休憩は勤務時間が長くても1時間でした。

3日間でしっかり稼げた

しかし、時間外と早朝手当が付き思った以上に稼げました。

最終日の31日だけは本当に忙しい思いをしましたが、給料が振り込まれた時は予想以上で嬉しかったです。

確か3日間の勤務で3万円以上稼げた記憶があります。

日給にしたら1日1万円です。

最終日の時間外手当と早朝手当が大きかったのではないでしょうか。

短期間で高収入を狙いたい方には勤務時間が長い短期バイトを選ぶといいのではないでしょうか。

時間外や早朝手当、深夜手当がつくことも短期バイトに応募した時にしっかり確認する事をおすすめします。