面接時のマナー

面接を成功させるには

短期バイトに採用されるには面接を成功させる必要があります。

短期バイトに応募している方の中には面接の注意点を知らない方も多いと聞きます。

面接を受ける際にはいくつかポイントになる事があります。

これらのポイントをしっかりおさえることで面接をさせる可能性も大きくなります。

ここでは面接を受ける際の注意点をご紹介していますので現在、短期バイトの面接が決まっている方に参考にして頂ければと思います。

面接時のマナー

面接を成功させる際には面接時のマナーをしっかり認識する必要があります。

面接時のマナーとはどういうものなのでしょうか。

まず面接を受ける際には携帯電話の電源はOFFにしときましょう。

面接中に携帯電話がなるのは絶対にNGです。

マナーモードもOFFにする事をおすすめします。

面接会場はとても静かな場になります。たとえバイブにしていても携帯が鳴っているのがわかってしまいます。

他にも腕時計にアラーム機能が付いている場合もあります。

面接時は音のなるものは持ち込まないようにする事をおすすめします。

そして、自分の服装や身だしなみも確認しましょう。

髪型はボサボサではないか、服装は乱れていないかなど面接を受ける前にしっかり確認する事をおすすめします。

挨拶は自分から

面接会場に着いたらまずは自分から挨拶しましょう。

『本日○○時からアルバイトの面接に来ました○○と申します。』と受付の方に伝えましょう。

面接の時間まで待機する場合は何もしないで静かに待つようにしましょう。

そして、面接官が来た時も自分から先に挨拶をするようにしましょう。

挨拶がしっかりできているだけで面接官に好印象を与えることができます。

そして、面接を受けている際には面接官の目を見てしっかり質問を聞き、しっかり答えるようにしましょう。

ただ、『はい』『いいえ』『できます』『できません』『大丈夫です』では面接官はあなたの事を知ることができませんので自分のアピールできる情報を織り交ぜてしっかり質問に答えることをおすすめします。

他にも自分から質問する事も心がけましょう。

実際にバイトが始まりこんなはずではなかったという事にならないためにも仕事内容や気になる事があれば積極的に聞くようにしましょう。

最後は、『ありがとございます。よろしくお願いします。』の言葉も忘れない事が重要です。

面接の挑む姿勢が重要

上記でも面接を受ける際の注意点をご紹介してきましたが最も重要なのは面接に挑む姿勢になります。

まずは歩き方や態度です。

ダラダラ歩いたりするのはNGです。他にもドアの開け閉めやお辞儀の仕方、質問受けている姿勢も重要になります。

面接が終わったからといって息を抜くのも厳禁です。面接会場から出るまでが面接だと思っていたほうがいいです。

そして、言葉使いにも気をつけましょう。

敬語が苦手な方でも丁寧に話すことができれば面接官に好印象を与えることができます。

語尾の最後に『です』『でした』『ます』を付ければ丁寧なイメージを与えることができます。

このように面接を受ける際には様々なポイントがあります。

そして、ここで紹介してきた事が面接を受ける際のマナーになります。

以上の事を実践できれば面接を成功させる事ができる可能性が広がります。

現在、短期バイトの面接を控えている方にここでご紹介してきた事を参考にして頂ければと思います。