履歴書の書き方

履歴書を書く際の注意点

短期バイトに応募する際に避けることのできない履歴書の作成。

現在、短期バイトに応募する事をお考えの方の中には履歴書を初めて作成する方もいるのではないでしょうか。

ここでは履歴書の書き方についてご紹介しています。

短期バイトの履歴書だからといって適当に書くと採用をもらえない場合もあります。

履歴書は採用担当者の採用の可否を決める判断材料になるものです。

しっかり採用をもらうためにも履歴書の作成時に注意しなければならない事や履歴書を作成する際のポイントをしっかりおさえましょう。

履歴書は丁寧に読みやすく書く

現在、履歴書を書こうとしている方の中には字が汚いか履歴書を書くのが苦手な方も多いと思います。

履歴書で重要になるのは字の上手い下手ではなく丁寧で読みやすく書く事です。

採用担当者の中には履歴書を見ただけでその人の性格がわかる方もいると聞きます。

履歴書を作成する際には『丁寧に書く』『読みやすく書く』事を意識して時間をかけてゆっくり書く事をおすすめします。

他にも、履歴書はパソコンで作成する事も可能ですのでどうしても履歴書を書くのが苦手な方にはパソコンで履歴書を書く事をおすすめします。

そして、履歴書が出来た際には誤字や脱字がないかしっかり確認しましょう。

誤字・脱字がひとつでもあるとそれだけで大きなマイナスポイントになる場合もあるので、しっかり確かめる必要があります。

履歴書に貼る写真について

履歴書に貼る写真は決められています。

自分が写っているスナップ写真の切り抜きやプリクラ、サングラスや帽子を被っていて自分だとわからない写真、3ヶ月以上前に取られた写真は履歴書に貼ることができません。

これらの写真を履歴書に貼った場合は不採用になる事間違いないです。

履歴書に貼る写真は、

・スピード証明写真(カラー・モノクロ)
・写真屋さんで撮影した証明写真(カラー・モノクロ)
・3ヶ月以内に撮影された証明写真

になります。

写真屋さんで撮影した場合はカメラマンが笑顔を作ることをサポートしてくれますが、スピード写真ではどうしても表情が固くなってしまう傾向にあります。

証明写真を撮る際には笑顔を意識して撮る事をおすすめします。

学歴・資格は正確に

学校名や資格名は省略しないで書く事が履歴書の基本になります。

省略されがちなものは高等学校を高校と書いたり、普通自動車免許を自動車免許、実用英語技能検定を英検と省略して書く事が多いと聞きます。

学歴や資格で正式名称を知りたい方はインターネットで調べてみるといいでしょう。

応募動機・自己PRについて

履歴書で重要になるのが志望動機と自己PR。

この項目を書くのに苦労している方も多いのではないでしょうか。

志望動機には、『なんでこのバイトを選んだのか』などの事を具体的に書いていきましょう。

志望動機を書くペースも限られていますので簡潔にまとめることを必要になります。

また、志望動機と自己PRを合わせて書くと志望動機が書きやすくなります。

自己PRもただ自分の得な事を書くのではなく応募するバイト先で活かせる事を書く事をおすすめします。

バイト先で活かせる事がある場合は積極的に書いていくといいでしょう。