応募時の注意点

短期バイトに応募する際に注意したい事

これから短期バイトをお考えの方の中には初めてバイトに応募するか方も多いのではないでしょうか。

やはり、初めての短期バイトに応募する方の場合ですと色々とわからない事があると思います。

求人の探し方や応募の仕方、履歴書の書き方、面接時のマナー、採用されたあとの事。

ここではバイトの応募でポイントのなる重要な事をご紹介しています。

たかがバイトだからといって応募する際には手を抜いてはいけません。

これらのポイントを抑えることで短期バイトに応募した際に採用される可能性も高くなりますので現在、短期バイトに応募する事をお考えの方に参考にして頂ければと思います。

電話で応募する前に準備する事

短期バイトの求人が見つかったら応募する事になります。

短期バイトの求人の多くが電話での応募になります。

この電話で応募する際にいくつか注意したい事とポイントになる事があります。

まず、電話で応募する前にしっかり応募しようとしている短期バイトの求人内容を確認しましょう。

そして、応募する際に質問したい事や気になる事がある場合はしっかり整理しときましょう。

ですので、電話で応募する際には手元には応募する短期バイトの求人内容、質問をまとめたメモ、面接の日時などをすぐにメモできるように筆記用具を用意しとく事をおすすめします。

電話をかける時間帯にも気をつける

次に応募する際に注意したいことは電話をかける時間帯です。

短期バイトの求人によっては受付時間が書かれているので受付時間が書かれている場合にはその時間をしっかり守るようにしましょう。

他にも応募する会社によっては忙しい時間もあります。

例えば、飲食店では夜の18時〜20時まではピークタイムだと言われています。

一般企業ですと12時〜13時は担当者がお昼休みを取っている場合があるのでこれらの時間は避けた方がいいでしょう。

こういった配慮も短期バイトの採用をもらう際にはポイントになってきます。

電話で応募する際に静かな場所を選ぶ

電話で応募する際には電話をかける環境も重要になります。

電波の状況が悪い場所や周りの騒音がうるさい場所で電話するのは避け、周りが静かな場所で電波の状況が良い場所から電話をかけるようにしましょう。

電波の状況が悪い場所や周りの騒音がうるさい場所ですと話が聞きづらいなど、採用担当者に良くない印象を与えてしまう可能性があります。 電話で応募する際に静かな場所を選ぶことは短期バイトに応募する際のマナーになります。

電話ではまず自分の名前を名乗る

電話をかけた際にはまず、自分の名前を名乗るようにしましょう。

例えば、『○○○の求人サイトに掲載されていた短期バイトの募集を拝見し、お電話しました○○と申します。短期アルバイトの募集はまだしていますか』といった具合にまずは自分の名前を名乗り、用件を伝えましょう。

他にも、電話に出るのが採用担当者とは限らないので自分の名前を名乗った後に『採用担当者をお願いします』と言ってもいいでしょう。

後は採用担当者が面接の日時を決めてくれるのでそれに合わせて話を進めていきます。

話をしている際にもハキハキとしっかり受け答えをする事がポイントになります。

採用担当者によっては電話での受け答えの仕方で不採用にする方もいるようです。

そして、面接の日時が決まり話の最後では『当日よろしくお願いします。ありがとうございました。』という言葉を付けると採用担当者に好印象を与える事ができます。

最後も自分から電話を切るのではなく相手が切るまで待ちましょう。

ここでご紹介した事は応募する際のマナーになると言ってもいいでしょう。

短期バイトだからといって適当な気持ちで応募すると採用をもらう事ができなくなります。

上記でご紹介した事をしっかりできていれば採用担当者に好印象を与えることができますので採用をもらえる可能性も大きくなります。