1週間の勤務日数と勤務時間は?

TOPページ > 高校生・大学生のバイト事情 > 1週間の勤務日数と勤務時間は?

高校生・大学生はどのくらいバイトをしているのか?

現在、バイトしている高校生や大学生は1ヶ月にどのくらいバイトをしているのでしょうか。

ここでは現在、バイトをしている高校生や大学生が1週間のバイト日数や1日の勤務時間をご紹介しています。

高校生や大学生だと学校以外にも部活やサークルなどがあるためそんなにバイトができないイメージがありますが部活やサークルがあってもうまくバイトをしている高校生や大学生が多いようです。

また、部活やサークルがあっても休みの日を利用して8時間といった長時間バイトをしている方もいるようです。

このように勤務する日数や時間は人それぞれになるようです。

バイトの勤務日数や勤務時間は高校生と大学生とで大きく異なりますので別々にご紹介したいと思います。

高校生のバイトの勤務時間・勤務日数

まずは高校生でバイトをしている方の勤務日数、勤務時間を見ていきましょう。

高校生ですと勤務時間が22時までになります。

日中は学校があるために夕方からバイトすることがほとんどでそんなに長い時間は働く事ができません。

週末や学校が夏休みや冬休みの時は長時間働く事ができますが平日はほとんど3時間〜4時間になるようです。

バイトするお店によっては暇なときは2時間位の勤務時間になるようです。

勤務日数は3回〜4回が平均的な勤務日数になるようです。

他にもバイト先によっても勤務日数はバラバラで少なくて週に1回の所もあるようです。

大学生のバイトの勤務時間・勤務日数

一方、大学生のバイトの勤務時間と勤務日数は高校生の勤務時間と勤務日数よりも多くなるようです。

大学生は深夜の時間帯もバイトする事ができるので長時間勤務する事も可能になります。

また、大学生は授業によっては学校が休みの日もあるので平日でも長時間勤務する事ができる様になります。

勤務日数も深夜の時間帯に働く事ができるのでバイト先では重宝される存在になるため勤務日数も週に3回から〜5回になるようです。

多い方では週5回〜6回勤務している大学生もいると聞きます。

高校生や大学生の方の中には部活やサークルをやっている方も多くいると聞きますが、バイトとうまく両立している方が多いようで高校生・大学生のほとんどがバイトと学校、部活、サークルとうまく両立してバイトをしているようです。

バイトと学校をしっかり両立できる理由

バイトと学校をしっかり両立できる理由としては、

・学校や部活、サークルがない日にまとめてバイトをする
・学校に専念する日とバイトに専念する日をしっかり分ける

などの事が挙げられます。

上記でご紹介してきたように時間をうまく活用してバイトをしている高校生や大学生が多い傾向にあります。

時間をうまく活用する事でバイトできる日数も増え、またバイトできる時間も増えます。

これからバイトをしようとお考えの方は時間をうまく活用して学校とバイトを両立する事をおすすめします。